--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.02.18

Ystavanpaiva(友達の日)

finlandでバレンタインは直訳すると友達の日っていうんだって。
で、カップルは一緒にデートしたり、友達にカードをあげたりするそうで。。日本と同じような感じみたいです。

私は、その名の通りお友達とお気に入りのシーリ(ハリネズミ)のカフェでケーキをいただきました。

自分へチョコレートケーキのプレゼント(●^o^●)
DSC06955.jpg


ケーキは焼きたて、上にはトロトロのチョコレートをかけてくれて、生クリームまで添えてくれました。やばいっっっ。うますぎ。

そして、街では素敵なボックスをみかけました。
DSC06942_1.jpg


たぶん昔は電話ボックスだったんだけど、今は公衆電話がなくて、バス停の横にあるただのガラスのボックスが、バレンタインの日にはハートだらけになってました。そこに貼り出された紙には、

DSC06943.jpg

『友達の売店』
みたいな意味らしいです。
ちなみに、上のKamaratkioskenがスウェーデン語、下のKaverikioskiがフィンランド語です。フィンランドは昔スェーデン領だったこともあり、公共の看板や街では2カ国語表記が普通です。なので、こんな張り紙でも2カ国語なんですね。ちょっと感心。
だからそこには友達へのメッセージとかいっぱいはられてました。ある種、アートのような感じもしました。通行人がなんだなんだ?と目立つボックスを覗いてたよ。


そして、寮のキッチンの扉に張られたバレンタインパーティーの張り紙の最後のメッセージが、

『Please bring your beer and love』

外国人っておされな事するのね。


Posted at 20:13 | diary | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。